ミッドタウンにて★

今日は、風が強く、雨の降る中、六本木へ行ってきました。

お目当ては、ファミリーセールだったのですが
期待した成果を上げられずに、
リカバリーがてら、ミッドタウンへ向かいました。

そして、
東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/第33回企画展
「信じられるデザイン」展に行ってきました。

東京ミッドタウン・デザインハブでは、
「信用とデザイン」をテーマに、クリエイターがデザインにおける
信用をどのように考えているかを発信する企画展「信じられるデザイン」展を開催しています。

クリエイターが形にしたもの、生み出したもの
それらのデザインの信頼性如何で、日々の安心や将来への希望を見出すことができるという視点から
この「信じられるデザイン」展は開催されているようです。

今、デザインの力に注目が集まっています。

例えば、家電。
パナソニックのポケットドルツのヒットに見るように
デザイン戦略によりヒットに結びついている商品がたくさんあります。

いわば、デザイン戦略が欠かせない時代になってきたということです。

信頼されるデザインに必要な視点は、使い手であるユーザーの視点。
このことを肝に銘じて、誠実にプロダクツを生み出していかねばならないと強く思いました。

ちなみに、写真はミッドタウン内で見つけた郵便ポストです。
この界隈では気軽にアートに触れられるので、行くだけでも楽しくなってしまいますね。

打ち合わせは神保町の「Tea House TAKANO」がオススメ!

今日は、風の強い一日でしたね。

でも、暖かく、もうすぐ桜が咲きそう!!
楽しみですっ。

さて、今日は打ち合わせと仕事材料を求めるために、神保町に行ってきました。

打ち合わせは、すずらん通りの「Tea House Takano」さんにお邪魔。

この「Tea House Takano」さんは私が一橋のとある出版社で勤めていた時に
よくランチに伺っていたお店です。

久しぶりに、フルーツババロアが食べたくなったこともあり
足を運ぶことにしました。

いつもはランチに行っていたので、人が多く、ざわざわ感がありましたが
今日伺ったのは15時でしたので、かなりゆったりとしていて
打ち合わせには最適な感じです。

やっぱり打ち合わせはこういうお店でするに限ります。

ちなみに、私がTAKANOさんのメニューで好きなのは
キャンブリックティーとフルーツババロア。

今日、はじめてスコーンも食べてみたところ、めちゃくちゃ美味しかったです。

それというのも、TAKANOさんのスコーンはアツアツでサーブしていただけるのですが
それだけでなく、お皿の上にイギリス製のブレッドウォーマーというものに乗せてくださるので
最後まで、温かいスコーンを食べることができます。

このお心遣いが、素晴らしい!!

打ち合わせだけではなく、常におススメです。
また、ランチタイムならお得なセットメニューがあります。

サンドイッチとドリンクがついて800円。
私が今日食べたフルーツババロアをオプションでつけると+200円で1000円。

フルーツババロアは単品で食べると480円。

とてもお得でおススメですよ。

レトロな雰囲気が魅力!近江屋洋菓子店

レトロな柄のカップがかわいい!

直近の土曜日に、神保町へ行ってきました。

目的は、三省堂書店神保町本店で行われたイベント。
それは、オンデマンドミニEXPO展示内で実施された
美篶堂さんの「ちいさくてかわいい手づくりの本.三種類の製本レッスン」
グラフィック社刊の出版記念イベントです。

当日は15時から40分程度、美篶堂代表の上島さんが
和装本制作のデモンストレーションをしてくださいました。

私は、仕事柄製本などに興味をもっているので
このようなイベントは大好きです。

今度は、ワークショップにお邪魔してみようかなと思っています。

この日は、せっかく神保町まで行ったので
常々行ってみたかった近江屋洋菓子店に足を伸ばしてみました。

近江屋洋菓子店は、淡路町にある洋菓子の老舗です。
洋菓子はテイクアウトだけでなく、イートインコーナーで食べることができます。

しかも、ドリンクバーをやっているので、
ケーキ代プラス500円でいろんな飲み物を飲めちゃうんです。

ホットミルク、ホットチョコレート、コーヒー、紅茶だけでなく
フレッシュジュースコーナーがあるのが嬉しい。

このフレッシュジュースは、生のフルーツから作っていますし
ジューサーで少量を小まめに絞ってサーブしてくれるので、とっても新鮮!

バナナミルクやメロン、ストロベリー、レモン、グレープフルーツなどいろいろと揃っています。

さらに、野菜スープも飲み放題です。
このお得さゆえに、お店は大賑わい。

せっかくのドリンクバーなのに、お待ちの人がいっぱいいて、
ゆっくり堪能できなかったのがちょっと残念でした。

でも、また行きたいお店です!

絵本『かみさまへのてがみ Chirdren’s Letters to God』

子どもの頃、プレゼントでもらった絵本を今でも覚えています。

 

私の家は、父が漫画や絵本を描く作家だったこともあり、

プレゼントに絵本や本を選ぶことが多かったような気がします。

 

もらった絵本は、数十年たった今も、実家にあるわけで、

最近本棚を整理していたら、幼稚園頃(だったと思うのですが…)に

プレゼントしてもらった『かみさまへのてがみ』が出てきました。

 

この絵本は、どうやら、アメリカの新聞で連載されていたものをまとめているようで、

子どもたちが神さまへ書いた手紙をそのまま掲載しているため

原文は英語、そして日本語訳がかかれていました。

 

文字も絵も、とにかくそのままなので、味があります。

 

そして、子どもたちの自由な発想力も同時に感じられます。

 

当時の私は、この絵本をどのように感じていたのでしょう。

思い返してみると、英語に興味を持つようになりましたし、

絵の可愛らしさに惹かれていたような気がします。

 

この絵本だけでなく、その後もよく本をプレゼントされました。

その本たちは、やっぱりまだ本棚に並んでいます。

 

数十年たっても、いや何百年たっても、想いを伝えられる絵本は素敵ですし、

そういう絵本を作りたいなと改めて思いました。

 

寒い日は読書がすすむっ

いやー、雪ですね。。。
寒いったらないです。

みなさん、風邪などひいていらっしゃらないですか。
こんな日はいっぱい着込んで、防寒対策してくださいね。

こう寒いと、私は読書が進んでしまって、本が何冊あっても足りません!

2月だけでも、新たに購入した本は20冊以上あると思うのですが、すぐ読んでしまうので、「次、買わなきゃ」となってしまいます。

あんまり、読み終わるのが早いので、なぜかを分析してみたところ
それは、寒さが一因だということがわかりました。

■寒いと、お風呂に本を持って入って、長時間入浴してしまう
■お風呂から出たら、お布団に直行して、ぬくぬくしながら読書をしてします

このループにより、速攻読み終わってしまうのです…。

私の読書傾向としては、小説が一番好きで没頭してしまいます。
他には、実用書やエッセイ、漫画も読みます。

エッセイは、歌人の穂村弘さんが好きです。
昔読んだ穂村さんの著作『世界音痴』を最近読み直したところ
穂村さんおすすめの漫画が紹介されていました。

『デビルマン』が人類必読の書として紹介されていたので
さっそく、購入→一気読み。

こうして、どんどん読むのはよいけど、「私、きちんと本から何かを吸収しているのかな」と
不安になってきました。

ちなみに、『デビルマン』は、子供のころに観たアニメとはストーリーが大きく違っています。
「飛鳥了」という不動明のお友達がかなりのキーパーソンです。

私の下の名前は「飛香」なので、ちょっと親しみは感じるのですが
話が壮大すぎて、ついていけなかった気がします。残念っ。

金谷ホテルベーカリー♪

クリームパン

「ホテルのパン」と聞いただけでよだれが出ませんか!?

そう、私はくいいじにかけては、天下一品なんです。

昨日、お仕事で栃木県の小山に行って参りました。

小山と言うと、「小山遊園地」で有名ですが、
東京から新幹線で45分、大宮から19分と割とアクセスのいいところなんですよ。

小山に行くのは半年以上ぶりで、だいぶ駅構内の改装が進んでいるようでした。

なかでも新幹線口付近はだいぶ変わっていました。
目をひいたのは、2月17日にオープンしたばかりの
『しもつけ銘品館 サクラミチ』です。

ここでは、栃木県の名産品が勢揃いしています。

お昼を食べずにおなかをすかせていた私の目にとまったのは
「金谷ホテル」の文字とおいしそうなパンたち。

クリームパンとカレーパンを買ってしまいました。

カレーパンは割とあっさりしているので、コッテリ好きの方には物足りないかもしれません。
私にはちょっと物足りなかったですかね。。。
クリームパンはめちゃめちゃ美味しかったです!
カスタードクリームを包んでいるパンのかたさがちょうど良く
かつ、パンの上にトッピングされている黒ごまが効いています。

是非、ご賞味あれ!

チョコレートの創作ラーメン

チョコレートを使った創作らーめん

市ヶ谷のラーメン屋さんでチョコレートを使った創作ラーメンをいただきました。

これはつけ麺なのですが、お味は魚ベースで、チリ風味となっています。
要は、辛いスープで、辛さはお好みで1-10まで選べるとのこと。

このスープの中に、チョコレートを溶かしていただくので、
辛いのが苦手な私でも、辛さ「7」でチャレンジ。

まったく、辛くありませんでした!!

この盛りで980円はお手頃かもしれません。

しかし、私は、スパイスが苦手で、カレーを食べると胃もたれしてしまう人・・・
チョコレートの脂身(?)で胃が重くなってしまいました。。。

色で商品が売れる!?

最近のマイブームである、「色」のネタをひとつ。

色と商品の関係は、なんとなく視覚的にわかっていらっしゃる方も多いと思います。

それは、コンビニエンスストアで商品を見てみるだけでもよくわかることです。

例えば、チョコレート。
通常は茶色を使ったパッケージです。
しかし、そのチョコレートが抹茶味であればグリーン。
ストロベリー味であれば、ピンク。
ホワイトチョコレートであれば、白を使うことが多いですよね。

このように、目で見てすぐに商品の特徴をつかめる視覚的な工夫がなされていると言うわけです。

やはり、わかりやすいということは、良いことなんですよね。

そして、それは人の外見にも言えることだと思います。

「私はこういう人間です」とわかりやすく主張することはもちろん、
「こういう人間に見られたい」というイメージで戦略的に装うことも可能だということになります。

BAMBOO CREATIONのjimdoブログでは、男性の方のイメージプロデュースに使える
色ネタを綴っていますので、ご興味のある方はコチラからご確認ください。

素敵なお花をいただきました♪

「BAMBOO CREATION」宛てに、とてもとても素敵なお花をいただきました。

プリザーブドフラワーをいただくのは、初めて♪

色鮮やかできれいです!

お花をいただくのは、もちろん嬉しいのですが
贈ってくださった方の想いがとても嬉しいっ。

応援してくださる方のためにも、「精進しなきゃ」という気持ちが一層強まりました。

素敵なお花は大切に、事務所に飾らせていただきます。

ピンクベースのプリザーブドフラワー

「バカ田大學」、発見しました!

バカ田大學。赤塚不二夫さんの作品を見て育った世代の方なら、それが何かおわかりですよね。

バカ田大學は、『天才バカボン』の登場人物「バカボンのパパ」の出身大学なのです。
バカボンのパパと言えば、幼少期は超天才児。それが、交通事故に遭った衝撃で、あのキャラクターになってしまいました。

その後、パパは東京都バカ田高校を経て、バカ田大學を首席で卒業したそうです。

さて、そのバカ田大學。

私は、バカ田大學の校歌くらいしか知らなかったのですが、買い物途中でこの手帳を見つけてしまいました。

「あの、バカ田大學の手帳があるなんて~!」とすこし、びびりつつ
中身を見てみると、バカ田大學校歌だけでなく、入試問題やら、キャンパスマップやらがついていたので
ようやく全体像が見えてきました。

バカ田大學は、早稲田の隣にある。ということは、「高田馬場」にあると思っていました。
しかし、バカ田大學は「高田馬鹿」にあるんですね。
バカ田大學に面する大きな通りも「新目白通り」ではなく、「新自白通り」なんです。

ちょっと、見ただけで、かなりウケたので、購入しちゃいました。
これって、無駄遣いですかね。